遠隔経営の仕組みづくり
コンサルタント
田中博子

社長が3店舗目から絶対やるべき「遠隔経営の仕組みづくり」「繁盛店化」のサイトへお越し頂きありがとうございます。

このサイトに記されているのは、私自身が、月に一度しか店舗に顔を出さずに、試行錯誤を繰り返しながら、店舗運営を30年間やってきたからこそ断言できることです。

社長が月に一度しかお店に行かなくても、現場(店舗)の状況を客観的に把握しながら、店長を中心に店舗を運営することができるようになります。

店長は、経営者とは根本的に立場も考え方も違いますが、育て方ひとつで、安心して店舗の運営を任せることが出来るようになります。

店づくりも、人づくりも、時には苦悶やジレンマを伴いますが、その努力は必ず報われます。

「遠隔経営の仕組みづくり」を実践・定着させることで、社長は、これまで手を付けることができなかった「新サービス」「新規事業」「多店舗展開」など、新たな売上げ、収益源を生み出すことに専念することができます。

 

 

是非とも、「遠隔経営の仕組みづくり」を
御社の成長発展のためにお役立て下さい!

 

「遠隔経営の仕組みづくり」を実践すると

社長は、月に一度しか店に行かずに、
新サービス、新規事業、多店舗展開など、
新たな売上げ、収益を生み出すことに専念できます。

「遠隔経営の仕組みづくり」は

弊社が 30年間 実践して
きたからこそ体系化できた
独自ノウハウ・メソッド です。

 

「月刊コンサルタント情報 慧眼(KEIGAN)」に、【注目のコンサルタント】として田中博子へのインタビュー記事が掲載されました!

「月刊コンサルタント情報 慧眼(KEIGAN)」2019.10月号に、田中博子ヘのインタビュー記事が、表紙と記事3ページに渡って、掲載されました。

クリック!(インタビュー記事3ページがご覧になれます。)

当月刊誌は「本物のコンサルティング」情報を厳選提示。日本コンサルティング推進機構が発刊する、日本で唯一のコンサルタント情報専門誌です。

出版社:日本コンサルティング推進機構(東京都港区)

Amazonでのご購入はこちら Amazon販売ページへ

 

CONNTENTS

経営とは時代の変化に対応すること

コンピュータは心強い味方であり、武器である。

「遠隔経営の仕組み化」で、お客様視点の店づくりを深める。

店長に店舗の運営を任せる「スキル」について

データ分析活用と「マジックナンバー」の発見

「遠隔経営の仕組みづくり」のススメ

「遠隔経営の仕組みづくり」により社長の器が大きくなります。

 

 

下記のようなことでお悩みの店舗オーナー様へ

  • 「多店舗展開」「新規事業」など、新たな収益源を作りたい 店舗経営者様
  • データを活用して業績を上げる方法を知りたい 店舗オーナー様
  • 時代の変化に対応できていないとお悩みの 経営者様

 

▼ 一緒に新しいことにチャレンジ!

店舗経営無料相談サービス(初回のみ無料です。通常29,000円(+税)/90分)

これまでと変わるチャンス! 

田中博子:
1975年、住友銀行に入行、為替のQC運動で、170店舗中160位だった支店を3ヶ月後にはトップに。1982年、レコードレンタルのフランチャイズ本部「友&愛」に入社。加盟店のコンサルティング担当。3千万円の借金のあった会社を引き継いだが、3年で全額返済。30年間、自社店舗を「遠隔経営」。1987年、(株)パワーミュージック設立、取締役に就任。

企業データ:
店長を雇い店舗運営を任せる「遠隔経営の仕組みづくり」を体系化。店舗の業績を伸ばすだけでなく「多店舗展開」や「新規事業」など、新たな収益源を確保することができます。

東京都新宿区百人町2-12-15 tel. 03-3365-7939

 

★★★ 無料相談サービスへのお申し込みは下記「問い合わせフォーム」に、
「無料相談に申し込む」と書いて送信して下さい。日程の調整をいたします。

お気軽にお問い合わせください。03-3365-7939受付時間 10:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせはコチラから
MENU
PAGE TOP